情報商材を買うとローン地獄に陥る危険性98%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の情報商材について

英語を話せるようになりたいと思ったとき

今の時代、情報商材(情報教材)を選択する人は多いと思います。

 

この記事ではそういう人のために

情報商材で英語を勉強することの

メリット・デメリットを書いていきますね。

 

情報商材とは

 

主にインターネット上だけで

販売されている教材のことです。

 

代表的な例だと

〇〇ラーニングが挙げられます。

聞いたことがある人もいるかと思います。

 

こういった教材は

PDFファイルやダウンロード形式のものがほとんどですが

最近は音声や動画、サポートなども

充実したものが増えてきています。

 

参考書や教材とは違って

情報商材には以下のメリットがあります。

 

・充実したサポートが受けられるものがある

・頻繁にバージョンアップが行われる

・追加でコンテンツが受け取れる

・特典をもらうことができる

・マニアックなジャンルのものがある

・自分のペースで勉強が進められる

・場所を問わず勉強することができる

・教室と比べると圧倒的に安い(1~2万円程度)

 

逆に情報商材のデメリットは以下のようなもので

 

・参考書と比べると価格は高め

・購入するまで中身が見れない

・詐欺商材も存在する

・自分のペースでやれる半面、続かなくなる

 

中には全く使えない情報を数万円で売っていたり

詐欺商材を豪華に見せて販売する人もいたりするので

初心者の方が購入する際は注意が必要です。

 

ただし、もちろん本当に役立つ情報商材もあって

ちゃんとした実績を元に

正しい方法を伝える販売者もいます。

 

情報商材=全て詐欺

という考え方は短絡的です。

ちゃんとした良いものも存在します。

 

正直なところ

僕も情報商材を使って

独学をしていた時期がありました。

 

リスニング力を鍛えたり

会話の流れを学習するのに役立ちました。

スキルを習得するために購入してよかったです。

 

参考書だけでは

絶対に学ぶことのできない情報を

たくさん手に入れることができましたし

自分のペースで場所を選ばず学習できました。

 

教材はパートナーのようなものだと思います。

英語という少し未知な能力を

手に入れようとするわけですから

 

正しいことを自分の好きなタイミングで教えてくれる

パートナーを手に入れることは非常に大切です。

 

パートナーがいる人といない人とでは

全く習得できる速さも正確さも

違ってくると思います。

 

本気で英語を習得したいのであれば

いい教材は少し無理してでも

購入する価値はあります。

 

英語教室などで何百万もしぼり取られて

身にならない内容を教えられるよりは

はるかにリスクも少なく

充実した内容を学べるでしょう。

 

おすすめの教材については

こちらにまとめているので

ぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめ教材

 

僕はこれまで英語の習得に

多くの時間とお金をかけてきたので、

ある程度の経験は積んでいると自負しています。

 

これを参考にして頂ければ初心者の方でも

いきなり詐欺に引っかかることはないでしょう。

 

このコーナーでは

基本的な英語力を習得するために

必要最低限だと思われる知識を解説していきます。

 

失敗したり遠回りしたりする

可能性を減らすために

必ず最初に全て目を通しておいてください。

 

 

① 英語習得入門

 

② 英語の教材選び

 

③ 英語の情報商材

 

④ 英語の簡単習得法

 

⑤ 英語のメリット

 

========================

 

【重要】オリジナル企画

 

========================