「心技体」はウソ!テニス上達に必要な考えとは?

どうも、さとわたです。

今日は、テニスは「心技体」ではなく
「体技心」である
という話をしていきます。

よくスポーツをやっていると
心技体なんて言葉が
ちらほら聞こえてきます。

メンタル面が一番重要で、
その次に技術面、
最後に体力が重要っていうことです。

でも、東北大会で2位になった私から言わせると
一番重要なのは体力です。

体力が十分でなければ

・試合で決勝戦まで残る
・練習で集中力を発揮する
・練習で最後まで真剣に取り組む

ことが不可能になってしまいます。

普段の練習を効率的に行うためには
体力が全てです。

私の学校の周りを走ると
ちょうど3kmになるのですが、
私は部活が始まる前、
毎日3km走って体力を高めていました。

そしたらテニスがグングン上達しました。

・サーブのグリップはこうした方がいい
・スライスのテイクバックは高くする
・バックハンドで右足の角度は120度にする

なんてことを真剣にやっていても
体力がなかったら試合じゃ使えませんし、
その日のコンディションがバラバラになるので
身につくはずもありません。

テニスで強くなるためには
体力を高めることが必須ですので
私もさらなる体力のアップを目指して
頑張ります!

それでは!