英語教材の9割は詐欺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語の教材について

 

英語を習得しようと思って

『誰かから教えてもらおう』

と考えている人は多いかと思います。

 

実際のところ、

英語のような言語スキルは

人に教えてもらったほうが

はるかに早く習得できるし

正しい方法を学ぶことができます。

 

ただ、英語を習得しようと思って

インターネットで検索してみると

英語に関する色んな教材が

転がっているのが見て取れます。

 

本気で英語を勉強したい!!

と思っても、どれを選択して学べばいいのか

いまいちよくわかりませんよね。

 

ここでは、

フィリピンに1カ月以上留学し,

30冊以上の英語の教材を購入してきた僕が,

おすすめの教材を紹介します.

 

英語塾(建物型)

 

 

まず、英語塾があります。

 

これは授業料を支払い、スクールに通って

英語のプロから直接

英語の方法を教えてもらうものです。

 

大勢の教師を抱えた大きな組織として

英会話教室を開いているところもあれば

個人で教室を開いているところもあり

教室の形は様々です。

 

実際、僕も英語塾に通った経験があるので

その感想も交えてお話したいと思います。

 

英語塾の教え方は教師により異なる

 

まず最初に思ったのが

先生によって

教える内容が全然違うということです。

 

ある先生はLとRの発音が一番重要だといい

ある先生はSとSHの発音が一番重要だといいました

 

ある先生は英語の文型は5つだといい

ある先生は英語の文型は4つだといいました

 

素直に思ったのが、結局

『どの方法で英語を学習していけばいいんだろう??』

ということです。

 

英語には決まった勉強の仕方があって

その方法に従って学べば話せるようになる

と思っていた僕にとっては

勉強法は一つではないことを学ぶいい機会でした。

 

また、それぞれの方法には向いている人

向いていない人がいることがわかりました。

 

日本人同士で話すのは間違いの指摘ができないし

文法ばかりを学んでも受験勉強と同じで

話せるようにはならないし

 

いきなりネイティブの人と話すのは

初心者の人には不向きだし

 

英会話教室は教える人によって

英語のやり方が変わってしまうので

自分に合った方法に出会える人もいれば

自分に合わない方法で学んで

英語を嫌いになってしまう人もいます。

 

授業料が非常に高い

 

また、授業料が高いのも特徴です。

僕が通っていた英語塾は

週5日の授業で1か月10万円でした.

 

 

友達には「英語塾を辞める話は聞くけど、

話せるようになった話は聞かない」

と言われました。

 

また、こういうところに入れば

それなりに英語を習得できるかと思いきや

学習内容は教科書に沿って

ひたすら話すだけの内容でした。

 

授業を重ねるうちにパターンを覚えてしまい

次はこの質問が来るなとわかってしまうので

パターン化した答えしか言えない状態になりました。

大金を払って全然身につかない授業を続けていました。

 

その結果、英語力は全く伸びませんでした.

 

こういった経験があるから

僕は英会話教室(建物型)なんてものは

詐欺なんじゃないかと思っていました

 

また、月5000円の

個人が運営している英語塾に

通ったこともありましたが

 

日本人の先生1人に対し

生徒15人という団体授業で

 

結局は受験に合格するための

小手先のテクニックしか学べず

英会話ができるようになったわけではありませんでした。

 

 『何のために勉強しているのだろう?』

と疑問に思う内容でした.

 

結局、お金を積むだけ積んで

あまり成長をすることができなかったまま

英語塾は終了してしまいました。

 

英語塾は,自分に合うところを見つけないと

ひどい目に合うことになります。

 

そのような経験から

個人的にCMでやっているような英会話教室や

グループレッスンをやっている英会話教室は

あまりおすすめできません。

 

そんな時、僕はテニス部の先輩の紹介で,

フィリピンに格安で,1カ月,語学留学をしました.

 

そこでは,フィリピン人の先生とマンツーマンでレッスンをして,

「英語しか使えない状況」

に自分を閉じ込めました.

 

最初は,全然話が通じないし,

何をしゃべったらいいか分からないしで,

ものすごく苦労しました.

 

でも,こんなドギマギしている自分なんかでも,

フィリピン人の先生は,

一生懸命聞き取ろうとしてくれ,

一生懸命伝えようとしてくれました.

 

こんな環境に身を置いて勉強して,僕は

「これだ!」

と思いました.

 

もしフィリピン留学するのが難しい場合は

ネット型で質のいい正しい方法を抑えたプログラム

のところをおすすめします。

 

ネットは店舗を持たないので

家賃などのコストがいらないため

授業料も安いところが多いです。

 

営利目的のところもあるかもしれませんが

店舗型よりは少ないと思います。

そこも見極めて選ぶことが大切です。

 

 本や書籍

 

また、本や書籍で英語を学ぶという方法もあります。

 

大体、本で勉強しようとすると

1,500~2,000円で英語を学ぶことができますが

僕はあまりおすすめできません。

 

本や書籍で勉強できる英語学習方法は

大した内容がかかれていないからです。

 

大抵、学習者の自慢話が多く

構文や文法の話をされて終わります。

 

また、1,500~2,000円を払ったくらいでは

やる気やモチベーションも続かず

途中でやめてしまうケースが多いです。

 

英語学習には

モチベーションがとても重要なので

やはり習得するには

ある程度のお金をかけたほうがいいです。

 

なぜなら,高いお金を投資すると

その投資した分を回収しようと

人間は必死になるからです。

 

僕も英語に関する本は

数えきれないほど買って読みましたが

1回読んで満足したり、

途中でやめてしまったりで

全く英語ができるようにはなりませんでした。

 

英語の教材は9割が詐欺

 

僕はこれまで

色んな英語の教材を買ってきましたが

結局そのうち9割が詐欺商品でした。

 

いや、詐欺ではないにしても

習得するのが難しかったり

勉強を続けるのがキツかったりと

凡人の僕には習得するのが難しいものばかりでした。

 

じゃあ、どうやって英語を習得すればいいのか??

というと、僕は情報商材をおすすめしています。

 

僕みたいに大きな失敗をしないためにも、

英語の教材は自分に合った

誰にでも習得できる正しいものを選択しましょう。

 

このコーナーでは

基本的な英語力を習得するために

必要最低限だと思われる知識を解説していきます。

 

失敗したり遠回りしたりする

可能性を減らすために

必ず最初に全て目を通しておいてください。

 

 

 

① 英語習得入門

 

② 英語の教材選び

 

③ 英語の情報商材

 

④ 英語の簡単習得法

 

⑤ 英語のメリット

 

========================

 

【重要】オリジナル企画

 

========================